スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徒然PSO2:炎FoFiの動きとか

1ヶ月ほど前に撮ったもの。
炎FoFiはだいたいこんな感じの戦い方だと思います。



ツリーはこちら
Fo側は説明はいらないとして、Fi側を少し解説。
テックアーツ系統、これがないとFoFiは始まりません。
次にクレイジーハート、これはFoFiだとスーパトリートメントがないので入れてます。
チェイスバインドはロッドシュートが法撃参照の打撃属性なので、
スキルが乗るということで入れました。
ステップアドバンスは余りを振っただけですが、
ヴィエラを使ったりテクターのサブとして流用しないのなら
他のスキルでもいいかもしれません。

とりあえず久しぶりの更新ですがこんなところで。
スポンサーサイト

ガーディアン考察その3、コンディガディとは

ガーディアンのトレイトでまだ触れていなかったRadiance。
これもコンディション特化ガーディアンにとっては必須とも言える性能を持っています。
今回はこれを含めたガーディアンのコンディビルドを書いておきたいと思います。
前回から引き続き、WvWの集団戦向けのビルドになっています。

ガディトレイト3
[コンディションガーディアンのトレイト例。上からValor、Radiance、Virtues]

今回は前回のイージスガーディアンからValorとVirtuesにも若干変更を加えています。
とくにVirtuesでのジャスティスのパッシブが攻撃3回で発動するようになるものと、
そのBurnが範囲攻撃になるものはコンディガーディアンには必須といえるでしょう。
Communal Defenceはシナジーが無くなったので外しました。

そしてRadianceですが、これは選ぶのは簡単で、
全てをBurn強化関係のものをとるだけですね。
Burn3スタックでFury、自動Zealot flame発動、
Burn威力15%アップと、見ての通りBurn特化です。

このラインとVirtuesでBurn特化にすることにより防御面が疎かになりがちなので、
ある程度スタッツで防御を確保する必要がありますが、私は防具をシニスターにして、
アクセサリーはすべてセレスティアルでこのビルドを組んでいます。

シニスターセレ

そしてスキルの選択ですが、
できればBurn関係のJudge's Interventionと
Purging Flamesは両方いれたいところですが、
これは場面によりどちらかのみにした方がいいと個人的には思います。
両方いれてさらにStand Your Groundを入れるとコンディ解除手段が乏しく
相手のコンディビルドに太刀打ちできなくなってしまうので。
少人数戦やRoamingならPurging FlamesをPurityの代わりに入れてもいいかと思います。

武器はスタッフとグレソですね。
どちらもジャスティスのパッシブBurnに合わせて、
できるだけ敵にHIT数が多いものを選んでいます。
特にスタッフは敵5人に1番を当て続ければ
Burnのダメージが秒3000を超えるので強いです。
レモングラスなどコンディ減少飯を食べてる敵にも十分刺さる威力です。

というわけでパッチ後一気に強くなったガーディアンのBurnビルドについて書きました。
コンディ型の装備を揃えるのが少し抵抗ありますが、
やってみるとボス等にも効果大なのでぜひ試してみてください。

ガーディアン考察その2、zealラインがアツイ!

前回はガーディアンの防御面での強化について主に書きました。
今回は攻撃面特にスペシャライゼーションのZealラインについて書きていきたいと思います。
主に私はWvWでこのビルドを使用しているので、
ダンジョンやPvPについては当てはまらないこともあることをご注意ください。

ガディトレイト2
[Zealラインを含めたトレイト、上からValor、Zeal、Virtues]

ValorとVirtuesについては前回と変わらないですね。
それぞれのトレイトを選ぶ理由も大体前回と同じなので、
気になる方は目を通していただけるとありがたいです。

そして今回、HonorラインのかわりにZealを入れてみました。
Honorで得られたシンボル強化やイージスでの回復のかわりに、
攻撃面を強化した内容になっています。
Zealにした理由としては、グランドマスターのShattered Aegisこれに付きます。
このトレイトの効果は、イージスを壊されたときに周りの敵5人にダメージ、というだけですが、
Valorラインで選択している
Communal Difenceで味方に与えたイージスでも同じく攻撃効果がつきます。
なお、Communal Difenceによる味方に与えるイージスの数は制限がないので、

シャッターイージス

このように味方が固まってさえいれば全てのイージスでダメージが入ります。
じゃあこれをつけたガーディアンが固まってたら近接攻撃に対しては無敵か?
という疑問が生まれますが、
どうやらブロックでイージスが発動するのと
Communal Difenceによる他人にイージスを与える効果は
同時に発動するようで、何人ガーディアンが固まってようとイージスは重複してしまい、
結果Communal DifenceおよびShattered Aegisは一度しか発動しません。
なのでギルドでこのビルドを運用するなら、
一人フルザーカービルドのガーディアンを決めておけばいいのではないかと思います。
気をつけるのは、敵の遠距離攻撃でイージスを剥がされることですかね。

ただ、ZealラインにはアデプトにWrathful Spiritというトレイトがあります。
これはイージスが壊されたりしたときにリタリエーション(攻撃反射)が入るトレイトです。
このリタリエーションも味方に与えたイージスでも発動するので、
遠くに固まっている時にメテオなど振らされてイージスを剥がされたとしても、
味方+自分のリタリエーションで敵のエレメンタリストに大ダメージが入ります。
まあこれはオマケ程度の効果ですが、一応そういうトレイトもあるという程度で。

こんな感じで近接にたいしてはめっぽう強いガーディアンのお話でした。
私は現在フルザーカービルドでこのビルドで遊んでます。
ヘルスおよびアーマーは低いので気をつける必要はあります。

ShadowplayでらくらくPCゲーム配信

Twitchの配信でShadowplayを使ってみました。
この機能はGeforceの新しめのグラフィックボードを使っているなら
ドライバで勝手にインストールされていると思います。
簡単に使い方を書いておくと、

kore.jpg

これを右クリックでGeforce Experienceを開き、
右上に出てくるshadowplayボタンをクリックして、

shadow.jpg

ここでモードをTwitchにしてからログインするだけ。
Twitchのアカウントはhttp://www.twitch.tv/で簡単に作れますね。
配信のクオリティはゲームによって適当に変えてみたらいいと思います。
初期設定は中ですが、一般的なPCモニタ環境(1920*1080等)ならこのままでいい感じ。

配信を開始するときは、配信したいゲームを始めてから、Alt+F8を1回だけ押しましょう。
終わるときはログアウトするか、もう一度Alt+F8でOKです。

Geforceを持っていればパフォーマンスをほとんど落とさずに配信ができるので、
アクションゲームでも安心簡単配信!の優れたこの機能、皆さんもぜひ利用してみよう!

あ、私のページも宜しくお願いします!

最新パッチからのガーディアンについて考察!

お久しぶりです。今回は知る人ぞ知るアメリカAnet開発のMMORPG、
ギルドウォーズ2について書いてみたいと思います。

ギルドウォーズ2は先日6月23日に大幅なバランス改変のパッチがあたり、
私がメインで使用しているガーディアンの使い勝手が更に向上しました。
いろんな職が基本的に強化方向にある中、
ガーディアンの強化は目に見えてわかりやすいと思います。
以下に私がWvWで使っているビルドと、強化の理由を述べていきます。

ガディトレイト
[トレイトのライン例。上からValor、Honor、Virtues]

以前と比べ、アイコン化することで若干文章にしにくくなりましたw
それではラインごとになぜそのトレイトを選んだかを書いていきます。

まずValor。
選んでいるのは左からヒール使用でスマイト発動、
敵の攻撃をブロックでイージス発動、メディテーションスキルの強化。
メディテーションスキルの強化は、
これまで3つのトレイトに分かれていたものがひとつになり、
ヘルスの回復とFury付与とリチャージの短縮がまとめられました。
はいこの時点で強すぎですね。
メディテ強化はAH(Altruistic Healing、与えたバフで微量回復)との二択ですが、
今回のバランスではメディテ強化によるシナジーが色々大きいのもあり、
メディテ型を選ばない理由がありません。
メディテ強化により1番目のトレイト、ヒール使用で発動するスマイトも強化され、
実質ヒールスキルでもう一度強化スマイトをつかえることになります。
さらにヒールスキルにはメディテ枠であるLitany of Wrathを選ぶことで、
強化メディテの恩恵がダブルで得られます。
Litany of Wrath自体のヒーリング量と強化メディテ二回のヒーリング量により、
一瞬で6000のヘルスが回復し、
さらに与えたダメージの25%吸収が6秒続くという
鬼のような回復量を発揮できるようになりました。

次にHonor。
2番目(真ん中)のトレイトはイージスを壊されたらヘルス回復のトレイトで決まり。
先ほどの敵の攻撃をブロックするとイージスを張るトレイトとのシナジーで、
イージスを壊されるだけで結構回復します。
1番目と3番目のトレイトは迷いましたが、落下ダメージ軽減と、
シンボルの強化を選んでいます。
シンボルの強化はこれまた3つだったトレイトがひとまとめになってるので強い。
3番目はこれを選ぶか、シャウトを強化するかの二択ですね。

最後!Virtues!
これを全部とれるようになったのが今回のバランスパッチの最高なところ。
2番目、3番目の強化トレイトにより、
ブレイクスタン+スタビリティ+ヘルス回復+リジェネ+プロテクション+あとなんか色々
これらがスキル枠とは別に得られるようになりました。
さらに1番目の、
スタン等CCを受けたらリタリエーションが発動するトレイトもイージスがプラスされていて、
またこれもイージスでヘルス回復出来るトレイトとのシナジーが凄い。

総括して、これまでのメタで取捨選択していたトレイトが全部取れるようになった感じですね。
これまでも結構強かったガーディアンなのでこれで弱いわけがない!
他の二つのラインについては、攻撃重視、コンディ型にするなら選択肢としてはありえますが、
生き残るのが大事なガーディアンとしては今ひとつと感じたので使っていません。

次にスタッツについて軽く書いておきます。

ガディスタッツ
[ガーディアンのstats例。装備はBerserkerがほとんど、一部Knight]

スタッツやシジル、ルーンの詳細は
このページで作ったビルドを見ていただくとして、
まあ私の場合は大体こんなかんじになってます。
かなりヘルスは低いですが、コンディ除去に関しては十分手段を持っていますし、
イージスがステルスからの奇襲などを防いでくれるのでかなり耐える事はできると思います。
トレイトでの回復量もかなりあるので長期戦でも戦えると思いますが、
それでも不安なら一部トリンケットをセレスティアルに変えるなどしてみるといいかと思います。
あとは、ガーディアンは鈍足なので、トラベラールーンがオススメですね……。

てなわけで結構な長文でしたがこのへんで!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。